2015年10月24日

24GHzパワーアンプ

24GHz帯パワーアンプの実験をしました。
元々は23GHZ帯のネットワーク機器に入っている
アンプの様で、入力がSMAJ、出力がWR42になっています。
シリアルから見ると1997年製?と思われます。

24gamp-1.jpg

24gamp-2.jpg
WR42導波管出力

あまり期待はしていませんでしたが、結構な出力が得られました。
24.020GHzで実験したところ
入力レベル0dBmで飽和出力でした。
-3dBm付近で飽和するようです。
出力は650mWが得られました。

24gamp-3.jpg

24gamp-5.jpg

24gamp-4.jpg

電源はDC6Vの単電源で、約500mAの電流でした。
発熱はそれ程無いようです。
しばらくするとパワーが落ちてきましたので、放熱は
必要と思います。

500mW程度で使用するのが良いのかもしれません。
posted by 7L1WQG at 19:02| Comment(0) | パワーアンプ

2015年10月20日

1200MHz帯トランスバーターの製作-5

今年から実験している1200MHz帯のトランスバーター
のその後ですが、
新しい基板を設計し直して、どうにか上手くいきました。

trv1200-1.jpg

前回はIF周波数を430MHz帯で実験したのですが
どうもスプリアスが強くて難儀していました。
(ミキサー内で発生している)

今回はオーソドックスなIF周波数144MHz帯で実験
して、上手く出来ました。

ワンボードのTRVで製作して、パターンでBPFを作製した
ので、サイズが大きくなってしまいました。
基板サイズは5.6GHz帯TRVと同サイズです。
基板は0.6mmのFR−4です。裏面は全面GNDです。

マイナス電源は使用していないので、調整は楽です。

実験の結果は

IF周波数:145MHz
LO周波数:1150MHz
RF周波数:1295MHz
IF入力レベル:5dBm
LO入力レベル:10dBm

送信出力:20dBm

受信コンバージョンゲイン:21dB

以上の結果でした。

trv1200-2.jpg


写真は送信時のスペアナ画面です。


144MHz帯で5mWも入力すれば100mW以上の
出力が得られます。

スプリアスも−60dB近くに抑えられたので、法的問題も
クリアできます。
送信時の消費電力はDC8Vで約160mAでした。

出力が100mW以上有るので、他のトランスバーターのIF
用には十分ですし、更に10Wまで出力を上げるのも簡単です。

まだLOの製作が残っていますが、今回もPLL、2cH-LO
の設計を考えています。
145MHzで1295MHzと1280MHzの2波が可能に
なります。

LO周波数は低いので、他の製品でも良いかもしれません。
(ぴるる等)

posted by 7L1WQG at 22:56| Comment(0) | トランスバーター

2015年10月03日

1200MHz帯プリアンプのNF測定

前回ノイズフィギアの測定について記載しましたが、以前製作した1200MHz帯のプリアンプのNF測定を行いました。

測定機は
ノイズフィギアアナライザ N8973A
ノイズソース N4001A
で測定しています。

1200MHz-NF.jpg

NFは約0.33 ゲインは31dBでした。

基板はいつもの基板で、パターン改造と定数を変えています。
プリアンプの初段デバイスはFHC40LGを使用しています。

もう少し追い込めると思いますが、この辺が限界かもしれません。


posted by 7L1WQG at 22:01| Comment(0) | プリアンプ・LNA