2016年02月25日

ATAS−120アンテナの改造

今回は移動運用に改造した「ATAS-120」を使った移動運用とアンテナの実験をしました。

移動運用先ではレンタカーを使うことを前提でセッティングを考えて、マルチバンドで小型のアンテナを考えてみました。

そこでATAS-120ですが、標準のエレメントが貧弱で、とても移動運用には使えそうになかったので、2.5mのロッドアンテナを付ける改造を行いました。
(標準のエレメントは2φのステンレスエレメントで長さも1m近くあるので、持ち運びは不便です。)

移動運用では半固定運用なので、ロッドアンテナで強度は問題有りません。

まず改造にあたっては、ロッドアンテナを付ける金具を製作しました。

atas120-8.jpg

M8の真鍮ネジに3φの真鍮棒を取り付けています。

ATAS-120のエレメントは2φなので、本体の穴を3φにドリルで穴あけをします。
ここは慎重に行います。

エレメントを留めているステンキャップスクリューネジを交換します。
M4✕6に交換しました。

atas120-3.jpg

本体にカバーをはめ込んでから、アダプターを差し込んで、キャップスクリューネジで留めます。
その後、金具にロッドアンテナをねじ込みます。
ロッドアンテナのネジはM8です。

atas120-9.jpg

atas120-5.jpg

atas120-7.jpg

ロッドアンテナなので縮めると非常にコンパクトになります。

atas120-6.jpg


移動運用ではレンタカーを使用しますので、マグネットマウントを使用することにしました、但し、アースの問題もあるので、カウンターポイズ用のアダプターを自作して、大型A4サイズのマグネットアースを使用しました。
今回はカウンターポイズは1本で十分でした。

カウンターポイズアダプターは金メッキ端子に2SQ単線4本と、金メッキのギボシ端子をつけています。

atas120-2.jpg

レンタカーは日産のキューブでしたが、アースも良好で、一発で7MHzにチューニングが取れました。
ちなみに、無線機はFT-991Mを使いました。

すべての部材はコンパクトに出来て、十分カバンに収まるサイズでした。

atas120-1.jpg
移動運用の様子

約30分しか運用しませんでしたが、7MHzで4局、18MHzで1局と交信出来ました。
何れの局ともパイルの中、1回でピックアップして頂きました。

ハイバンドはロッドアンテナを縮めることで対応できました。
posted by 7L1WQG at 14:42| Comment(0) | アンテナ

2016年02月09日

新型 1200MHz帯プリアンプの製作

新デバイスで1200MHz帯プリアンプを製作しました。

基板はいつものストリップライン基板で、今回デバイスは初段にHEMT「FHC40LG」を使用して、2段目はMMIC「PGA-103」の構成です。

NF測定は昨年新調したAglentのNFアナライザー「N8973A」とノイズソース「N4001A」(校正済み)で行いました。
この測定機の組み合わせは、かなり正確な値が測定できます。

まず、ネットワークアナラアイザーで調整した後、NFアナライザーで微調整を行い、最良点を見つけました。
中心周波数は1294.5MHzとしました。

測定中、レギュレーターの発熱で、プリアンプのケース温度が30度以上になりましたが、NF値は0.55でした。(ケースを触ると暖かく感じるので、結構な温度と思います)
ケースを暫く放置して少し冷やし、20度近くで再測定した所、NFは0.47まで下がりました。

lna1200bpfdx3-500.jpg

ストリップラインの簡易なLNA回路でこの値はかなり良いとお思います。
本当は回路を変えてもう少し追い込みたい所ですが、再現性を重視して、旧回路構成のままです。

今後、このデバイス構成が1200MHz帯プリアンプの標準としたいと思います。
posted by 7L1WQG at 21:49| Comment(0) | プリアンプ・LNA