2017年06月30日

アマチュア無線用ハイビジョン送信機の実験−3


TRV5600基板を更に改造しました。

まずLOレベルですが、先日の実験で5dBm程度が
良好であることが解りました。

ぴるる等では、出力レベルが−5〜−10dBmな様で
レベルが不足しています。

そこで、LO部にバッファーアンプを設置しました。
通常は0Ωでジャンパーされているパターンです。

使用したデバイスは、ERA-5SM+です。
これで約10dBのゲインが得られます。

実際に実験してみると、−10dBmでは少しレベルが下がりますが
実用範囲と思われました。

−5dBmでは、十分なレベルでした。

TRV5600-kiban-LO-AMP-s.jpg


また、トランスバーターのIF切替はジャンパーして、別にRX部を
取り出しました。

TRV5600-kiban-RXOUT.jpg

これでTRV5600ユニットは使いやすくなると思います。

posted by 7L1WQG at 20:27| Comment(0) | アマチュア・デジタルTV