2022年05月28日

マキ電機24GHzトランスバーターの修理改造の続き

マキ電機24GHzトランスバーターの修理改造の続き

今日はパワーアンプを接続して、バラックで実験。
最大で30dBmは出ている。

スプリアスも-40dBc以上あるので、問題無さそう。
やっと先が見えてきた。

簡易測定の結果
LO:11370MHz -6dBm (ADF5355-PLL)
IF:1280MHz 27dBm (TS790G+3dB ATT)
RF-TX:30dBm (EMM5832VU)

20220528.jpg
posted by 7L1WQG at 00:00| Comment(0) | トランスバーター

マキ電機24GHzトランスバーターの修理改造の続き-5


プリアンプとOCXOの調整

預かっていたプリアンプは開けてみると、BD6NTの物が入っていた。
ゲインは約20dBで殆ど調整は不要だった。

24g-5-1.jpg

同じくOCXO10MHzだが、どうも発振が不安定、配線も酷いので修正した。
3端子レギュレーターが不良のようである。
修正して、周波数のあわせ込みを行った。
小型のOCXOなので、0.1Hz以下は少し不安定だが、実用上は何ら問題無い。
これで預かったパーツユニット類は殆ど調整できた。

24g-5-2.jpg
修正前

24g-5-3.jpg

これ以降は組込みに入る。
元のトランスバーターのケースには到底入らないので、別ケースを設計して組み込む事とする。
posted by 7L1WQG at 00:00| Comment(0) | トランスバーター