2014年06月19日

24GHz帯ローカル発信器の製作−1

24GHz帯のローカル発信器の実験をしてみました。

この発信器は昔に流行ったドレーク方式と同じ方式でプログラムを使用しない
発信器です。

VCOは2GHz帯で、ロジックICで制御しています。
基準周波数は17MHz帯となります。
これは2GHz帯のVCOの出力をプリスケーラーで1/128分週している
ためです。

更に、この出力を5逓倍して11GHz帯を得ています。
逓倍にはダイオードが使われていますので、奇数倍の周波数が強く出ています。

今回は基板に合わせたケースを製作して、基準発振のTCXOも特注して
製作しました。

lo-11370mhz-s1.jpg

17MHz帯のTCXOが出来てきたので、組み込んで実験してみました。
TCXOはDC5V用で1.0ppm以下の製品です。

今回は24GHz帯のローカル発信器用に、11.370GHzになる様に調整してみました。

測定結果は
周波数:11370.0007MHz
出力レベル:2.6dBm
フェーズノイズ 10KHzで-85dBcでした。
(測定結果には誤差があります)

lo-11370mhz-2.gif
波形はスパン100KHzで測定しています。(スペアナは校正しています)

TCXOなので周波数安定度1ppm以下でも、周波数のふらつきは100Hz程度出てしまいます。
24GHz帯では数100Hzふらつくと思いますが、FMでもSSBでもは何ら問題ないと思います。

今回使用したTCXOは調整がクリチカルですが、以前の製品と比べて、非常に
周波数が安定しています。

スプリアスですが、スペアナではノイズレベル以下で殆ど見えませんでした。
(性能の良いBPFが入っています)

11370mhz-lo-sp.gif
フルスパンで測定


電源電圧はDC12Vで約150mAとなります。
(内部は9Vと5V動作です)
電源基板が出来ていないので、3端子レギュレーターはバラック配線です。
7809を使用していますが78M09でも十分と思われます。

posted by 7L1WQG at 14:21| Comment(0) | トランスバーター
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。