2015年06月29日

技術講習会を行いました

東京マイクロウェーブクラブ主催で、技術講習会が6月28日に行われました。

初回でしたので人数を決めて、少人数で行いました。
今回のテーマは、セミリジッドケーブルの再生と加工方法でした。

マイクロ波では、ジャンクや、中古のセミリジッドケーブルを多数使うことが有ります。
但し、中古ですので、長さが合わなかったり、曲がりが有って上手く使えないことが
多々有ります。
そこで、中古のセミリジッドケーブルからコネクターを上手く外して再加工して
上手に使う方法や、再生できるコネクター、出来ないコネクターの見分け方法、
専用治具が無くても、簡単にできるコネクターの取り付け方法
曲がったセミリジッドケーブルの修正方法等々の講習を行いました。
更に、アッセンブリした後の検査方法についても、説明が行われました。
(ネットワークアナライザーがなくても簡単に良否が分かる方法)

その後、中古のセミリジッドケーブルを加工して、5.6GHz帯のGPアンテナ
を製作しました。
皆さん、約10分でGPアンテナを作ることが出来ました。
リターンロスも25dB以上あり(SWR1.2以下)、送信性能も検査し
良好な結果が得られました。(材料費は100円でした)

製作終了後には懇親会も行われました。

年内にまた、講習会は行う予定です。


posted by 7L1WQG at 12:15| Comment(1) | アマチュア無線
この記事へのコメント
SMA類も安価になり中古セミリジッドも多用するようになっているので、参考になると思い立席見学を申し込んだ。せっかくのINFO遅く行ってはGET出来ないと思い路線で10時着くように乗車、着くと1方のみなのでやることになった。思ったよりがっちりした講習だった。ボクにはアナウンスされている以外の細かい点が記憶しきれないくらいたくさんの参考になることであった。VY TKS

-----------------------------------------P.S.(6m&downCONTESTはなまじRIG(5G10G一応完成2.4OH)が1ヶ月前に完成していて、HF-50親機用トランスバタの製作(再)に注力していて、いざアンテナやケーブルであわてたが、1局もできず、文字通りあぶはち取らずになる結果に・でも講習を受けられたし GL&TNX AGAIN)
Posted by 酒井 孝一 at 2015年07月06日 12:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。