2015年08月31日

1200MHz帯トランスバーターの製作


ハムフェアが終わり、やっとトランスバーターの基板設計が出来ました。
机上の設計なので性能は何とも言えませんが、超小型に製作しました。

設計では

1200MHz帯トランスバーター(ユニット基板)
IF:435MHz
RF:1295MHz&1280MHz 2ch
電源電圧:DC7V〜DC12V (電流値はTX時に150mA程度と思います)
IF入力レベル:MAX1W
RF出力:50〜100mW
コンバージョンゲイン:10dB
NF:0.8dB程度
入出力共に同軸リレー装備(出力は同軸リレーをスルーすることも出来る)
基板サイズ:55mm×45mm(名刺サイズの半分よりやや大きい)
基板:FR-4 0.6mm 両面スルーホール(裏面は全てGND)
オールモード対応
キャリコン装備、TX、RXでの電源出力有り(外部アンプ、外部同軸リレー等)
強制スタンバイ端子有り
部品点数:約90個
ミキサー、RXアンプ、TXアンプ、同軸リレー等は全てMMICです。

難点はチップフィルターの性能がそれほど良くないと思われるので、スプリアスは
多くなると思います。(多い場合は外部フィルターで対応する予定)
一応、TXに2段、RXに1段フィルターが入っています。
LOは860MHz又は845MHzです。

RF関係のコネクターはU.FL又は同軸ケーブルを半田付けです。

先日、製作したLOと組み合わせても名刺サイズより小さくなると思います。
TX、RX共に1段増幅なので、あまりパワーは出ません。

基板パターン(参考です)です。一応実物大です

1.2GHz-TRV-1.jpg

基板が出来たら実験してみます。

posted by 7L1WQG at 10:57| Comment(0) | トランスバーター
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。