2016年04月22日

TS−790Gの1200MHzユニットの修理

TS-790Gの1200MHzユニットの修理を行いました。

数年前から1200MHzユニットの感度が20dBも悪くなっておりましたが、試験用のトランシーバーなのでそのまま使用していました。

ここの所、更に受信感度が悪化したので、修理をしました。

TS−790Gの1200MHzユニットは、上蓋を開けるとすぐに見えます。
ユニットの上部のネジを外すと、基板が見えてきます。

タッピングネジと皿ネジで止まっていますが、皿ネジ数本が固着しておりました。
ポンチとハンマーで皿ネジを緩めて、何とか蓋を外しました。

ts790g-1.jpg

写真の上部が送信部のパワーモジュールで、2段構成です。

基板の下部が、受信部の初段ユニットです。

回路図を見てみると、初段のデバイスは「MGF-1302」のはずですが、外してみると、黒い四角のデバイスが付いていました。

ts790g-3.jpg

手持ちの「MGF-1303」と交換して、受信状況を調べてみると、すこぶる良好で、CWモードで-140dBmでも難なく聞こえました。

ts790g-2.jpg

特に他には不具合がなかったので、送受信のテストをして、終了となりました。

1200MHzオールモード機は貴重なので大事に使うことにします。
posted by 7L1WQG at 12:48| Comment(0) | アマチュア無線
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。