2016年05月06日

PLL基板製作の続き

昨年から実験している、PLL基板ですが、昨年発表した
VCO−IC(マキシム)ではどうしてもC/Nが悪く、FMでは問題ない
のですが、どうしてもCW、SSBでは音が悪くなっていました。

そこで、色々とVCOを探したのですが、市販品では良い物がなく
また、少量販売はしていただけないので、新たにVCOを特注しておりました。
VCOはFSKで製作していただきました。

基板もVCOを変更したので、新たに製作しなおしました。
本日やっと、基板が出来たので、部品を付けて実験してみました。

pll-1.jpg

基準は14.4MHzのVC-TCXOです。
今度はC/Nもかなり良さそうです。

pll-2.jpg

写真は1150MHzです。

スパン:50KHz BW:300Hzで見ています。
出力は約3dBmでした。(調整して5dBmまで出そうです)
スプリアスは:−50dBc程度でした。

まだ、ループフィルターや各部のチューニングは行っていませんが
これなら使えそうです。

現在は2ch仕様ですが、4ch仕様や基準10MHzにも対応できるように
一応設計はしています。

基板サイズは61×41mmでプリアンプケースに収まるようになっています。
基板はFR−4で、厚さ0.6mm 裏はGND
電源は6V〜15V 60mAでした。
その他:PLLロック表示LED、周波数微調整(VC-TCXO使用時)、出力調整可能(ATTパターン)

汎用性が高いので、3GHz程度までのLOに使用できると思います。
(VCOは特注になりますが)

上手く行けば、4chの高品位なトランスバーターが出来そうです。
(1295,1290、1280、1270MHzの予定)

ハムフェアまでには形にしたいと思います。

5月のマイクロ波フリーマーケットはこちらです。
posted by 7L1WQG at 23:18| Comment(0) | トランスバーター
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。