2016年05月07日

PLL基板製作の続き-2

昨日製作した、ローカル発振器のチューニングをしてみました。

定数を少し変更して、だいぶ安定動作するようになりました。

pll-3.jpg

周波数は常温であれば10Hz程度の変動でした。
出力は約9dBmまで向上しました。

phase noise(位相雑音)も測定してみました。
R3273の自動測定なので、正確さは解りませんが、下記の結果でした。

1KHz:-93.65dBc/Hz
10KHz:-108.67dBc/Hz
100KHz:-124.11dBc/Hz
1MHz:-139.29dBc/Hz

pll-4.jpg

この辺で妥協することにします。
posted by 7L1WQG at 15:50| Comment(0) | トランスバーター
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。