2018年05月26日

ジャンクデバイスの実験

都市鉱山で発掘した金(デバイス)です。

33226060_2042291322710890_5327267281208606720_n.jpg

もったいないので、パワーアンプの実験をしました。

ジャンクの基板を改造して、5.6GHzで試しましたが、5.6GHzではパワーは出ませんでした。

33553535_2042291412710881_6679408524558073856_n.jpg

その後、基板を2.4GHz帯に改造して再実験しました。

33663901_2042291499377539_2807462371541385216_n.jpg

2.4GHzでは上々で、約10mW入力で、1.2Wの出力が得られました。

33525805_2042291546044201_7642239269179752448_n.jpg

このデバイスは、5.6GHz帯ではパワーが出ない仕様かもしれません。
(1.9GHz帯の業務基板の外しなので、帯域が伸びていないのかも知れません。3GHzを超えると極端にパワーが出なくなります)
昔も同じデバイスなのに、5.6GHz帯ではパワーが出ない製品がありました。
今後、どの様に利用するか考えます。
posted by 7L1WQG at 00:00| Comment(0) | アマチュア無線
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。