2018年05月07日

マイクロ波発信機の修理

また修理の話題です。

とある国立大学から、特注で製作したマキ電機製の発信機の修理依頼が有りました。

一度修理をしたようですが、信号にノイズが混入して、使用できないとの事でした。

発振周波数はキャリアのみの発信で、規格は、2.5GHz、5.0GHz、10.0GHzの3波で、最大50mWの出力です。

早速、波形をスペアナで見てみると異常が確認できました。

sg-1.jpg
5GHz 異常発振

sg-2.jpg
2.5GHzも異常発振

キャリアに不規則な変調が有り、スプリアスも多く見られます。

早速分解をして修理をしようと思いましたが、非常に込み合った作りで、分解するのに難儀しました。

sg-3.jpg
いわゆるLOが3段重ねの状態、パワーアンプが2段設置されている。

全て分解して、原因を探ると、電源周りからの回り込み、以前と同じ様に、回路定数の不具合、等々が確認できました。

全てのユニットごとに、一つ一つ対策と改良を行い、また調整を取り直して、問題を解決することが出来ました。

sg-4.jpg
修理完了後の5GHzの波形、他の周波数も同じ様に綺麗になった。

すべてを詳しくは記載できませんが、無事に修理完了しました。
posted by 7L1WQG at 00:00| Comment(0) | アマチュア無線
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。