2018年02月25日

5.6GHz帯バンドパスフィルター製作の続き

5.6GHz帯のバンドパスフィルターの製作の続き。

通過損失を1dB以内に抑えたかったので、大幅に小型化です。

56bpf-6.jpg

56bpf-5.jpg

中心周波数:5760MHz
通過損失:0.23dB
4480MHzで約-35dBc 
ネットアナのスパンは4GHzで測定しています。

56bpf-4.jpg

フィルターの全長は40mmです。
通過損失を大幅に減らせましたが、やはりスカートの
切れは悪くなりました。

まあ、送信用で有れば、これでも十分かも知れません。
小さいので、機器内蔵には良いと思います。
製作するのも、とても楽です!!

久しぶりにバンドパスフィルターを製作しましたが、
ちょっとしたコツが合って、ネジの締め方や、エレメントの
長さや太さ、調整が通過損失に大きく影響します。

材質も影響有るのですが、手軽に購入できる部品で
安価に製作するのでは、どうしても性能に制限が出てしまいます。

プロのように、キャビティや共振棒やコネクターも銀メッキ
できれば、もっと特性は良くなると思います。

リターンロスも測ってみました。
中心周波数で-27dBでした。

56bpf-7.jpg

これなら、問題なく使えそうです。

posted by 7L1WQG at 00:00| Comment(0) | アマチュア無線
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。