2021年10月19日

5.6GHz帯のBPFを再製作

5.6GHz帯のBPFを再製作しました。

設計値を見直したら、ロスが減りました。
6ポール型なので帯域は狭くなります。(損失は増える)

それでもロスが1dBなので、なかなか上出来と自負しています。
中心を5745MHzで調整すると、5032MHz付近は-45dBは減衰します。

6ポール型は調整が難しいのが難点です。

5600bpf-1.jpg

5600bpf-2.jpg

5600bpf-3.jpg

5600bpf-5.jpg
posted by 7L1WQG at 00:00| Comment(0) | アマチュア無線

2020年12月25日

トランスバーターの修理

今日もマキ電機のトランスバーターの修理
 
今回は10GHz帯のUTV-10G
比較的新しい機種、症状は送信できない。
 
133112745_2775729226033759_6061485926507930610_n.jpg

132895210_2775729322700416_2351611471550563811_n.jpg
 
早速、中を見てみると送受切り替えの同軸リレーが動作していない。

132613406_2775729396033742_5411830323087774740_n.jpg
 
リレーはLOとパワー部の下にあるので、一度分解。
リレーを見てみると、ロジック駆動用の同軸リレーでした。

133049559_2775729486033733_7240442905021534913_n.jpg
 
RX側には電圧が来ているが、TX側には来ていない。
配線を外して単体で動作確認すると、問題無い様である。

132653245_2775729699367045_3671872510279483223_n.jpg

ワンボード基板のTX側を見てみると、78N08が動作していない。
更に同軸リレーの配線が8Vラインに繋がっていた。
ロジック動作のリレーなので、電圧は高くても5Vまで。
8Vでは動作不良になりかねない。
更にプルダウンされていない。
(RX側にはプルダウン抵抗が入っている)
 
取り敢えず、レギュレーターは手持ちの7808に交換。
コンデンサー類も交換。
 
IF側の同軸リレーのコイルにダイオードが入っていない。
もしかしたら、原因はこれかも知れない。
 
同軸リレーのロジック部にはLEDを直列に挿入してみる。
電流は殆ど流れないので、これで十分。

132842826_2775736216033060_7106970686880018528_n.jpg
 
試験動作を何度もしたが、問題は無さそう。
 
TX側、RX側のバイアスを再調整して、周波数調整、その他調整して、問題無く動作するようになった。
今回もリレーのコイルの問題かもしれない?
 
小さなリレーでも、コイルから発生するスパイクはかなり大きな電圧になる。ダイオード1個だけで防止できるのだが・・・・
posted by 7L1WQG at 00:00| Comment(0) | トランスバーター

2020年10月04日

第37回全国マイクロ波移動運用会

 
第37回全国マイクロ波移動運用会に合わせて
静岡県田方郡函南町で5.6GHz帯で移動運用しました。

午前中のみの運用でしたが、5.6GHz帯では13局と交信できました。

1200MHz帯は9エレメントのループ八木アンテナを使用して、
多数の方と交信できました。


120568850_2705404363066246_311615601190328847_n.jpg
玄岳から見た東京方面

120598341_2705404406399575_5535389978263008079_n.jpg

120482205_2705404349732914_2537244478583985048_n.jpg

9エレメントループ八木アンテナ コスモウェーブ製
9エレメントループ八木アンテナ(コスモウェーブ製)

IMG_2819.PNG
posted by 7L1WQG at 00:00| Comment(1) | アマチュア無線

2020年09月23日

電源ノイズの測定


スペアナで電源ノイズを測定してみました。

測定には自作のFETプローブを使っています。
スペアナはR3273です。

まずスパンは1MHz、100KHz
入力終端してシステムノイズ+環境ノイズを見ます。

120027072_2696134460659903_2094143750264019236_n.jpg

まあまあです。

キクスイの実験用電源のノイズの様子ですが、やはりかなりのノイズが見えます。 DC12V

120062316_2696135313993151_3108915215669721377_n.jpg

120087882_2696134877326528_4365751034185605951_n.jpg



ついでに中国製のACアダプター DC12V

120061854_2696134870659862_6631578629190074217_n.jpg

次に製作したオーディオ用ローノイズ電源(トランス式) ±DC15V

120020427_2696135583993124_2026454661794336436_n.jpg
殆ど環境ノイズしか見えません。
トランス式のローノイズ電源はノイズが少ないです。

それにしても予想はしていましたが、スイッチング電源のノイズはかなりひどいですね。
posted by 7L1WQG at 00:00| Comment(0) | アマチュア無線

2020年09月04日

47GHzトランスバーターの修理完成


47GHzトランスバーターの修理完成です。
出力は数mWは出ていると思われます。
受信感度も周波数、波形も問題無しでした。
この方は、その他2台、合計3台修理したので、時間が掛かってしまいました。

118655536_2679434145663268_2921936800196588124_o.jpg

118620183_2679434632329886_7433135006970775797_o.jpg
posted by 7L1WQG at 00:00| Comment(0) | トランスバーター

2020年09月03日

47GHzトランスバーターの修理


今日はLOの調整
ぴるる+バッファーアンプの構成
元々付いていた10GHz帯アンプを再調整しました。

改造前の回路を見ると、どう見ても9GHz付近に同調している感じである。
NE3210S01の2段構成だが、後段をNE3515S02に交換。
回路も大幅に修正した。

118666161_2679285392344810_7633075846070494647_o.jpg
(写真は改造後)

ぴるるからは、11GHzで約1dBmの出力
改造アンプで40mWも出ている。ちょっと多いか!

118796105_2679285519011464_2446757381050812830_o.jpg


118703032_2679285635678119_3830331073863631731_o.jpg


これでkuhneの47GHzトランスバーターをドライブして再調整してみる。
posted by 7L1WQG at 00:00| Comment(0) | トランスバーター

2020年09月02日

47GHzトランスバーターの修理(マキ電機製)


マキ電機製の47GHzトランスバーター

118769113_2678885119051504_6539320239309416124_o.jpg
47GHzトランスバーター内部の写真

調べてみると、ローカールが変?
水晶は58.68125MHzが入っているPLL方式
通常キャビティの逓倍数は160倍
だけど160倍だと周波数が合わない?

通常は
水晶-トランジスタ逓倍でX4
キャビティ内部のダイオードでX5
3段の逓倍回路で2X2X2=8
合計で4X5X8=160
必要な周波数は11.73625GHz
つまり200倍?

調べてみると200倍は全く見えず、160倍が強い
9389MHz??
ここは解らないので放置

トランスバーター本体はMKU47G Kuhne

118519411_2678886595718023_3103707863901751728_o.jpg

これも変?
送信状態でないと受信できない?
回路を追ってみたが、原因不明。

よくよく調べて分かったのが、まずLOレベル
LOが10dBm近く無いと受信できない。
(LOレベル3dBmでも送信は出来るのに)

これも調べると、送信時と受信時にはLO逓倍アンプの
電圧が変わっている事に気が付いた。

その調整VRがなぜか受信時に非常に小さくなっていた。
経年変化が有ったのか、再調整で動作するようになった。

118620183_2679434632329886_7433135006970775797_o.jpg
LOはSGから注入、IFは144MHzで実験

ここまで数時間を要した。
この後LOはぴるるに交換してみる。
明日までに何とかなるかな?
posted by 7L1WQG at 00:00| Comment(0) | トランスバーター

2020年08月31日

M8干潟星雲 再処理してみました

先日撮影した、M8干潟星雲
再度画像処理してみました。

写真をクリックすると、拡大します。

118616736_2676030052670344_5636850142974518271_o.jpg
posted by 7L1WQG at 00:00| Comment(0) | 天文

2020年08月29日

UTV-10Gの修理改造(マキ電機製)


UTV-10Gの修理改造(マキ電機製)

このトランスバーターは以前修理した物。
今回はユーザーの依頼で、IF入力レベルを0.1Wにして欲しいとの事。
確かに1W入力だとスプリアスも多いし、移動運用時には0.1Wの方が使いやすい。

旧型の10GHzトランスバーターは1W入力仕様になっている。
(後期型は0.1Wでも動く仕様だが、逆に1Wでドライブしていると故障の原因ともなっている)

ワンボードの内部のキャリコンを改造、各部のレベルを調整。
LOは水晶なので、周波安定度は良くないが、ちょっと工夫。

スプリアスは多いが、全体的にはまあまあの性能です。

118280595_2674182032855146_4871831542910161413_o.jpg

118360989_2674182086188474_1773785288455834264_o.jpg
水晶のカバー

118586019_2674182139521802_6700781187328534982_o.jpg
近傍のスプリアス

118356630_2674182182855131_3257497144399464684_o.jpg
スプリアス
posted by 7L1WQG at 00:00| Comment(0) | トランスバーター

2020年08月18日

天体写真撮影


天候が良かったので、8月15日の夕方に家を出て、天体写真撮影に出かけました。

帰宅は16日の午前4時の弾丸ツアーでした。

初めての場所で撮影しましたが、すでに先客がおられ、皆さん考えている事は一緒の様でした。

今回初めて使う口径71mm 焦点距離350mmの小さな天体望遠鏡で撮影しました。
一晩中、快晴の天候で、沢山の写真が撮れました。
(失敗作も多数ありましたが・・・)


117556330_2663786297228053_1854573306805077723_o.jpg
干潟星雲

117816377_2665472260392790_6477193690161601551_o.jpg
網状星雲

117987657_2665471903726159_9041253491082403142_o.jpg
アンドロメダ星雲

118516932_2675768572696492_152757398009236159_o.jpg
北アメリカ星雲

118517810_2676077402665609_5102445256509519530_o.jpg
M22球状星団

posted by 7L1WQG at 00:00| Comment(0) | 天文